「船の科学館駅」と南極観測船“宗谷”【駅巡り】

03/15に行った「船の科学館駅(現:東京国際クルーズターミナル駅)」の駅巡り備忘録です(^-^)

前回の「国際展示場正門駅」に引き続き、こちらも16日に改称された駅ですね。なので変わる前に行っておきました。

今回も駅や駅周辺でテキトーに撮った写真を貼ります。写真は全てSH-03Kでの撮影です。


ゆりかもめ 東京臨海新交通臨海線 U-08 船の科学館駅

東京都江東区青海にある1面2線の高架駅です。

駅のホームからの写真。駐車場が見えるだけですね。

改札はこんな感じです。こぢんまりとしていますね。

駅舎の写真いろいろ。綺麗な高架駅ですね。

写真7枚目の奥にある船を模した建造物が「船の科学館」です。歩いてすぐです。

駅周辺の写真です。駐車場が田舎のスーパーの如くだだっ広いですが、これが埋まる日はあるのでしょうか……?

船の科学館です。この写真に写っている本館は現在休館中ですが、この裏手にある別館や少し離れたところにある南極観測船「宗谷」は公開されています。屋外の展示物も見られます。

これが南極観測船「宗谷」です。無料で中に入る事ができます。360度パノラマとかドローンによる空撮とかの動画が公式サイトで見られるので自分で足を運べない人み見てみてどうぞ。下にURL貼っておきます。

(改装はされているけれども)大日本帝国海軍の艦船だった船に乗れるだけで何か感動しました(小並感)。

屋外の展示物も実物だったり模型だったりいろいろあります。

私がなんとなく撮ったこの2枚だと、1枚目の右の丸っこいのが潜水調査船「たんかい」の実物、2枚目が半没水型双胴実験船「マリンエース」の実物ですね。


あとがき

「船の科学館駅」には初めて行きました。駅自体は特筆する点がないのですが、駅名になっている「船の科学館」は本館が休業中なのにもかかわらず楽しめたので、有意義な駅巡りになりました。

16日に「東京国際クルーズターミナル駅」へと改称されたわけですが、いかにも最近の老人が好きそうな名前ですね。良いとも悪いとも言いませんが。

それと、肝心な「東京国際クルーズターミナル」自体は西暦2020年に開業予定なのですね……。まだ開業していないのに名前変える必要あったのでしょうか……?

今回の「船の科学館駅」はいろいろな人にオススメできる駅でした。ここ最近は、この駅に行っても大半の人は何も楽しくないだろうなと思ってしまうような駅巡りが多かったので、その反動からかとても遊びに行くのにオススメの駅です。

私は東京国際クルーズターミナルが開業してからまた来ましょうかね。クルーズに乗るのは夢のまた夢の話だけれども……。

それでは今回の駅巡り備忘録はこれで終わりです。次回も03/15の駅巡り備忘録です。


参考

  • 船の科学館 公式ホームページ │Museum of Maritime Science, <https://funenokagakukan.or.jp/>(A.D.2019/03/18にアクセス)