「上本郷駅」と風早神社【駅巡り】

03/14に行った「上本郷かみほんごう駅」の駅巡り備忘録です☺

駅と周辺散策で撮った写真をテキトーに貼ります。全部SH-03Kで撮りました。

安房須神社(前回の投稿)→明治神社→風早神社→上本郷駅の順で移動しましたが、この投稿では順を入れ替えて書いています。


新京成電鉄 新京成線 SL-02 上本郷駅。

千葉県松戸市上本郷にある1面2線の地上駅。

北口側。すぐ道路がある。こちら側は住宅地である。

南口側。こちらは商店街があります。これくらいの規模の駅で駅ビルがあるのは珍しいですね。

ホームはこんな感じです。椅子の向きがホームと平行になっていないのは珍しい気がしますね。

新京成線のピンク色好きです。


明治神社

一の鳥居と二の鳥居。

拝殿。

祭神は国常立命くにのとこたちのみことですが、元々は妙見社という名前で神仏分離令で変えられたとのことなので、それ以前は妙見菩薩を祀っていたのでしょう。

Googleマップでは「上本郷遺跡」という名前になっているのですが、これはどういうことなのでしょうか……?

参道に「天皇陛下~~~~(内容を覚えていない)」と書かれた幟があったので、最初は「明治天皇に関する神社なのかな?」と思いましたが違うようですね。

この神社には由緒書きがなかったと思います。


本福寺の七百年記念 聖観音。

本福寺には立ち寄っていないのですが、この観音像は道沿いにあったので撮っておきました。


風早かざはや神社

松戸市内で最も古い神社らしい。創建年代が定かではないけれど、最も古いってことはわかっているのか……。

由緒書き曰く、千葉常胤つねたねの孫の風早四郎胤康たねやすの居館跡と伝えられているとのこと。名前の由来はそれですね。

祭神は經津主命ふつぬしのみこと武甕槌神たけみかづちのかみ天兒屋根命あめのこやねのみことです。

この神社と前述の明治神社では10月に獅子舞が行われるらしく、松戸市の無形文化財とされているようです。

一の鳥居と二の鳥居。二の鳥居の前は道路によって参道が分断されています。

写真2枚目に写っている狛犬のデザインがちょっと独特で可愛いですね。狛犬単体で撮っておけばよかった。

二の鳥居をくぐると灯籠が並んでいてその奥に拝殿があります。

灯籠のデザインも素敵なので、見ているだけで時間が過ぎますね。

拝殿前の水。手水鉢とは違いますし、これって何て呼ぶんですか?

橿原神宮の石碑。

前回の投稿で取り上げた安房須神社にも橿原神宮の石碑がありましたが、ここらの地域自体が橿原神宮と何か繋がりがあるのでしょうか?

境内の端の方にある稲荷神社。


あとがき

上本郷駅は特筆する点のない駅でしたね。近隣もほぼ住宅地ですし。

近隣で一番の見ものは風早神社だと思います。どうせ来るなら10月に獅子舞を見に来るのがいいかもしれませんね。

ここらは常磐線・新京成線・北総線が通っていて、どれも駅間がそこまでないので駅がそこそこ密集しています。なので私がこの駅に降り立つことはもうないかもしれませんね。


参考

  • 明治神社 – 一般社団法人松戸市観光協会 公式ホームページ, <https://www.matsudo-kankou.jp/meijijinjya/>(A.D.2019/03/16にアクセス)
  • 風早神社/千葉県公式観光情報サイト-まるごとe! ちば-, <http://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/8519/>(A.D.2019/03/17にアクセス)
  • その場にあった由緒書き・説明板