新富士駅【駅巡り(番外編)】

今回は「新富士駅」です。北海道釧路市にも同名の駅がありますが静岡県富士市の方です。

タイトルに(番外編)と付けたのは、写真を過去のも使って書こうと思ったからです。

撮影日がごちゃまぜで暗い時間だったり明るい時間だったりするけど許して。


JR 東海道新幹線 新富士駅。静岡県富士市川成島にある2面2線の高架駅。

撮影したのは①A.D.2018/12②A.D.2018/08③A.D.2017/08です。1年に1~3回くらいは利用している気がしますね。

この駅は「こだま」しか停車しません。また在来線も通っていませんし、最も近い富士駅でも荷物を持って歩くには面倒な距離あるのでバスの利用が必要になります。


1枚目が南口で、2枚目が富士山口です。撮影したのはA.D.2018/08です。

南口にはビジネスホテルがあります。

富士山口は広い駐車場があります。また少し歩くと「ふじさんめっせ」があります。


駅の構内です。富士市は『竹取物語』由縁の地とされているのでそれにちなんだものが多いですね。

富士駅よりも何もない駅という感じがあったのですが、A.D.2018/11に「ASTY」がオープンすることで富士駅より格上感が出ましたね。


ホームの窓から富士山が見えます。駅のホームは東海道新幹線の駅だけあって広いです。


駅弁「竹取物語」。パッケージのかぐや姫が可愛い!

海と山が半々な食材ですね。私は少食の女の子なので見た目以上にご飯が多く感じました。新富士→品川間の昼食後のおやつにちょうど良かったです。

私は箸をきちんと扱えないのであまり気にならないのですが、長さの短い箸って手の大きい男の人だとどうなんでしょう?ちゃんと使える人ならなおさら長さなんて関係なかったりするのかな?


あとがき

新富士駅は私にとって身近な駅だったので新鮮味がないです。なので次に駅巡りとしてこのブログに取り上げることはまた何かしらの改装がなされるまでないでしょう。

12月7日に駅弁なるものを食べたのですが、特色があって面白いと感じたので今後の新幹線駅の駅巡りでは積極的に食べていこうと思います。

まぁ新幹線はお金がかかるので滅多に利用しないですし、次に新富士駅と品川駅以外を利用するのがいつになるかはわかりませんね……。


更新履歴

  • A.D.2019/01/23 本文修正/タグ追加