我孫子駅と手賀沼お散歩

今回は9日にオフ会ドタキャンで時間を持て余して何となく行った我孫子駅お散歩。本当は当日に書こうと思っていたけれどなんやかんやで今日まで時間が取れなかった。

アイキャッチは手賀沼(^-^)/


☆我孫子駅

我孫子駅。千葉県我孫子市本町。

  • JR東日本 常磐線(快速) JJ-08
  • JR東日本 常磐線(各駅停車) JL-30
  • JR東日本 成田線

1枚目は1, 2番線ホームから見た駅のホーム全体。1枚目は発車案内板と時刻表。そういえば3番線は何処へ……。

そば

1, 2番線ホームにある立ち蕎麦屋「弥生軒」のからあげそば。器が小さいんじゃなくて、唐揚げがでかい。ワンコインも必要ない安さなので、またこの駅に1人で来る機会があれば利用したい。

1枚目は北口、2枚目は南口。今回のお散歩は南口側です。ちなみに両方ともロータリーになっています。

顕彰碑

南口すぐにある飯泉喜雄顕彰碑。我孫子駅の開設に最も貢献した人らしい。私財を投して駅用地を無償提供ってすげぇな……(小並感)。


☆八坂神社

道すがら見つけた八坂神社。珍しい点は特にないかと。


☆手賀沼公園

沼っていうだけあって水は汚いですね……。かつては27年間も日本一汚濁した湖沼だったらしい、その時と比べればまだ綺麗になったのだろうか。

向こう岸に見えるのは私が住んでいる柏市ですね。柏市側から手賀沼を見るのは交通の便が悪すぎる……。

公園内に踏切風のモノを作ったりと小粋な部分もありますね。

3枚目は平和の記念碑。それについては以下の説明文を参照。

うなきち

手賀沼のマスコットキャラクターうなきちさん。

手賀沼の主として大ウナギの伝説があるのですね。山伏が大蛇(藤姫の怨念)を鎮めるためにした祈祷に用いた柱を手賀沼に投げたらウナギになったとか。これってどれくらいの時代のお話なんでしょう。

柏市には方位を示すウナギのモニュメントもあるらしいです。

そんなことよりウナギ食べたいですね、最近は絶滅問題で騒がれていますが。

1枚目はラクウショウ、2枚目はアオギリ。

ラクウショウはセミの抜け殻がまだ大量に付いていて何か面白かったから撮っただけ。

アオギリはただのアオギリじゃなくて被爆アオギリⅡ世。広島で被爆したアオギリの種から育てられたⅡ世の苗木を広島市から譲り受けたとのこと。


☆感想

我孫子駅から手賀沼に行くに向かって坂を下っていくが、風の吹き方と相まってその時の感覚は熱海駅から海岸へ向かっていくようだった。もちろん人や店の数は段違いなのだが……。

手賀沼は地図で見るよりも実際に見たほうが大きく感じますね。まぁこれは大体の自然の産物に関して思うことですが。

手賀沼沿いには行ってみたい場所も数箇所あるので行ってみたさは増しました。風が気持ちよかったので。成田線巡りをする時にでも行きましょう。

ボートがあるところであれば大体思うのですが、一人ではやはり乗る気になれませんね。一人ボートは一人○○・ぼっち○○系の敷居最上位に分類される気がします……。

あとはラクウショウが生えているともっと立派な気根を持つラクウショウを見に行きたくなりますね。


参考

  • 我孫子市「手賀沼はなぜ汚れてしまったのですか?」<http://www.city.abiko.chiba.jp/kurashi/faq/shizen/teganuma/yogore.html>, 2015(A.D.2018/08/12にアクセス)
  • 柏市「誰も知らない手賀沼の秘密~その2~」『柏人への道(ぐる~っと手賀沼)』第31号, <http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/bloghakunchu6/p022146.html>, 2015(A.D.2018/08/12にアクセス)

更新履歴

  • A.D.2019/01/23 本文修正/タグ追加