五香→六実 お散歩

今日はちばレインボーバスの鎌ヶ谷線(五香駅~六実駅)に沿って歩いたのでその備忘録(^-^)/

アイキャッチはいい感じのものがなかったので五香駅の駅名標を使い回し。

今回はキノコの写真が多いのでキノコが苦手な人はブラウザバック必須。

書いたバス停の住所はNAVITIMEで調べたものです。


☆松戸駅

松戸駅

新京成電鉄 新京成線 SL-01 松戸駅。千葉県松戸市松戸。

五香駅へ向かうための乗り換え駅。常磐線で利用することはあっても新京成線で利用することは今までなかったのですね。


☆五香駅

新京成電鉄 新京成線 SL-07 五香駅。千葉県松戸市金ケ作。写真2, 3枚目は西口です。

まずは下準備の買い物を済ませるために西口のサンロード五香商店街へ。この商店街はシャッターは少なく、人通りは多いまだ生きてる商店街ですね。

そういえば駅自体がある地名は金ケ作で五香ではないんですね。


①五香駅(バス停)

千葉県松戸市金ケ作。

ちばレインボーバスのバス停は東口にあります。東口の方が駅舎っぽさがまだありますね。


②五香十字路

五香十字路

千葉県松戸市五香。

まずは千葉県道281号松戸鎌ケ谷線沿いを歩いていきます。このバス停の名前通り近くには十字路があります。

五香稲荷神社。写真2枚目は御神木と増築記念碑です。こじんまりとしていますがこれでも増築されたようです(無礼)。


③北丘

北丘

千葉県松戸市五香。ここは特筆する点なし。まだ県道281号沿いです。


④高木第2小学校

高木第2小学校

千葉県松戸市五香。

近隣には松戸市立高木第二小学校や病院・薬局があります。バス停にあるベンチは薬局のものらしい。ここを過ぎると左折して県道281号を外れます。

地図

道端にある地図には未だに沼南町の文字が見られますね。


⑤元木戸

元木戸

千葉県松戸市六高台。こころなしかよく聞く地名。特筆する点はないです。


⑥クリーンセンター

クリーンセンター

千葉県松戸市六高台。ここら辺を左手を見ながら歩いていると緩やかな下り坂がどこにもあって何となく地名の“台”というのは理解できる。

ここら辺の木にはいろいろなキノコが生えていますね。種類はよくわかりませんが、子供の頃読んでいたキノコ図鑑で見たような気がしますね。


⑦六実高校入口

六実支所

千葉県松戸市六高台。まだまだキノコだらけ。

写真2枚目はキノコが死んじゃったのかな?


⑧六実支所

六実支所

千葉県松戸市六高台。ここらもまだまだキノコ。っていうかキノコにばかり目を取られて他のものを覚えていませんね……。

写真1枚目はサルノコシカケかな……?


⑨篭益

篭益

千葉県松戸市六高台。読みは“かごます”。ここまで来るとキノコは減りました。


⑩六実駅(バス停)

六実駅

千葉県松戸市六実。ここまでも“六実”と名のつくバス停はありましたが、ここでようやく地名も六実なんですね。

駅からすごく近いですが、ここからはまだ駅舎は見えません。


☆六実駅

東武野田線 TD-29 六実駅。千葉県松戸市六実。

勝手に六実は鎌ケ谷市内だと勘違いしていましたね。駅の周りには飲食店やコンビニはありますが、すぐに住宅街が広がっている感じです。


そういえば松戸市のマンホールを見るとコアラが描かれていて何故だろうと思っていたのですが、ユーカリが市の木として指定されているのですね。

それにしても陽の当たる場所にもキノコってあんなに生えるんですね。どの種も薄暗い湿った場所に生えるものだと思ってましたね。

ちなみにちばレインボーバスの鎌ヶ谷線は67の停留所があるらしいのでまだまだ踏破できそうもないですね(^_^;)


更新履歴

  • A.D.2019/01/23 本文修正/タグ追加