慰安旅行 ~福島篇~

前回の「新潟篇」の続きです。こちらは3日目。そこそこ計画を立てて行動したので観光として成り立っている気がする。

メインは鶴ヶ城です!アイキャッチも鶴ヶ城!


新潟駅
まずは出発地点の新潟駅。

新潟駅→(信越本線)→(直通)→(磐越西線)→喜多方駅と移動中の車窓からの景色。雪の降らない地域で生まれ育ったので、こういう景色を見るたびにまるで異国に来ているかのような感覚になりますね。

もっと山々が聳えているところがあった気がするのに、何故このタイミングで車窓から撮ったのか謎ですね。


喜多方

先ほど書いた経路で喜多方駅へ。ここで昼食。

“坂内食堂”というお店の支那そば。平たいちぢれ麺。ここ最近は濃い目のラーメンが多く、インパクトの強いモノばかりだったので、素朴だけどそこがいいスープが逆に珍しく感じた。美味しい。


会津若松

喜多方駅→(磐越西線)→会津若松駅。今回の自分へのお土産(お酒)はここで買いました。飲んでみたら載せます。

まずは天守閣を外側から眺めてみる。

天守閣内も入りましたが撮影禁止だったので写真はないです。最上部は撮影OKだったけど撮り忘れました。一番景色が良かったのに……。中で書に関するモノ(屏風とか手紙とか)の実物が多く展示されていましたが、私には書道における美が理解できないようです……。

“鶴ヶ城”と呼ばれていますが、日本100名城とかでは“若松城”と呼ばれたりもしてるんですね。

野口英世って会津若松で左手の手術を受けてたんですね。知らなかった。


郡山

郡山
会津若松駅→(磐越東線)→郡山駅。乗り換えの次の電車まで時間があったので少し散策。夕方頃。

總産土阿邪訶根そううぶすなあさかね神社。……初見では読めませんでした。

表と裏で鳥居の種類が違ったり、境内に仏教に纏わる塔があったりと不思議が多かったです。

時間潰しに散策してただけだけど面白い場所に行けたなぁ。


郡山駅→(水郡線)→水戸駅→(常磐線)→柏駅。水郡線で3時間半ってのが一番地獄のような地帯でしたね。もうあたりも暗く車窓からは何も見えなかったので……。

駅名標はせっかくだから水郡線の方で撮った方が趣があったかな?

柏に到着して、在来線のみで100駅通過する新潟駅→柏駅の遠回り大移動は終わりです。

まとめ

今回のまとめみたいな写真。日本100名城スタンプラリーは面白そうですね。正式な台帳を持ってないので、それでやるとしたらまた鶴ヶ城に行く事になるけど(笑)。まぁ今回は季節を間違えている感があったのでまた春先に行くのもありでしょう。

1日で在来線で100駅移動は流石に疲れましたが観光は楽しかったですね。


更新履歴

  • A.D.2019/01/22 本文修正/タグ追加