平成三十年 如月 上旬「お酒」

今旬の定期覚書(^-^)/

アイキャッチは適当に……。

宅飲みしたお酒をメモ書き程度に……。おまけ要素として立春についても……。

最近は私大の一般入試が始まり気晴らしは飲酒しかないから仕方ないですね。他のことはもう少しの辛抱。それと、お酒って匂いを嗅いでいるだけでも楽しくて奥が深いですよね。


☆酒

トリスハニー
サントリー トリスハニー

ウイスキーリキュール。アルコール度数は20%です。その甘さゆえ度数とは裏腹に飲みやすい。

匂いはウイスキーの感じが強いですが、口にしてみるとウイスキーっぽさがほとんど感じられませんでした。ウイスキーを飲みたい時に飲むものではないなという感じ。甘いお酒が飲みたいって時にはとてもいいですね。甘い口当たりから女性にも薦めやすく、ほどよく酔わせることができそう。

最初はストレートで飲んだのですが、私には少し甘さが強すぎるように感じました。なので2杯目からはハイボールに。ハイボール(1:3くらい)は私の好みでした👌

チョコレートを食べながら飲みましたが、これは失敗だったかなぁ……。甘いもの×甘いものになってしまうので、ナッツ類の方がよさそう。


Duvel(醸造: Duvel Moortgat)

ベルギー産のゴールデンエールで、アルコール度数は8.5%です。

デュベルグラスというのがあるそうですが、持っていないので普通のグラスで飲みました。

とても泡立ちが豊かですね。香りは心地よい爽やかな感じ。苦味はしっかりとありますが、苦いかと言われると苦くない絶妙な感じ。

ラベルに「ボトルに1cmほど残すように注ぐ」と書かれていたのでその通りにしました。写真②枚目が最後に残しておいた部分ですね。比べてみると濁っていますね。これは瓶内発酵のための酵母によるものらしい。残した部分は味の主張が強くなってました。心なしか香りは濃厚な気がしました。私的には味は1杯目の方が好きですね。

つまみは適当にポップコーンを食べながらでしたが、これは失敗でしたね。ちょっとした揚げ物の方がよさそう。


ッシェロデルディアブロピノノワール
Casillero del Diablo Pinot Noir 2016(生産: Concha y Toro)

チリ産のミディアムボディの赤ワイン。アルコール度数は13.5%です。

下手な写真でわからないけどピノ・ノワールっぽさのある透明感のある色をしている。香りはベリー系という感じですかね。表現力が乏しい……。

ラベルにはミディアムボディと書いてあるけれどややライトって感じがしました。言わずもがな辛口です。

鶏肉料理と一緒に飲むのが適した飲み方と思われますが、用意できなかったのでチーズをつまみに。まぁ悪くはないといった相性。


☆立春

立春
「立春」という言葉とこの写真で私が何をしたかったのか察せる人はいますかねぇ……?

立春の行事食である春餅をサイズは小さいけれど餃子の皮で代用できるんじゃね!?という安直な発想で実践してみたものですね……えぇ……。

餃子の皮を焼くだけですね。1セット目は写真のように焼き目があまり見えませんが、2セット目からはちゃんと焼き目も付けました。

横に写っている包む用のお惣菜にツッコミを入れるのはダメですよ。まぁ、発泡酒には合いました。


更新履歴

  • A.D.2019/01/22 本文修正/タグ追加