平成二十九年 師走 下旬 「バーチャルYoutuber」

今旬の定期覚書です(^-^)

アイキャッチは23日に行った千葉神社(^^)

最近はセンターに向けた勉強をしつつ、二次対策(主に世界史)をずっとしてます。散歩とかしてる余裕ないです……。お酒を飲みたいです……。


バーチャルYoutuberについて

最近はバーチャルYoutuberが盛り上がりを見せているので、それについて個人的に思ったこととかをメモ書き程度に。

全体的に可愛いキャラデザで、俗に言う「オタク」という人たちは惹かれた人も多いのではないでしょうか。

私は「Youtuber」というのは胡散臭さや性の臭いがして好ましくなかったのですが、バーチャルになると不祥事の心配もない、ビジュアル面での胡散臭さはないという点で好きですね。

また、気軽に新規参入できるものでもないので、影響を受けた子供が真似をしようとして迷惑をかけたり、犯罪に巻き込まれそうになったりという懸念しなくて済むのはいいことなのではないでしょうか。

ただ、私はどれも男性向けのように感じたのですが、実際のところ女性から見たらどうなのでしょう……?


この技術って、思想活動や宗教活動の伝播にも使えそうですよね(教理に反するとかがなければですが……)

俗人に布教する際にはビジュアルも重要だと思うので、このような形なら今までは話すら聞いてくれなかった人に触りの部分程度なら話を聞かせることならできそうですよね。

多数がブラウザバックしたとしても残ってくれる人もいるはずです。誰にも触りの部分すら布教する機会が得られないよりかは十分な進歩……!な気がします。


また今後に誕生するバーチャルYoutuberがどのようなスタンスでいくのかは楽しみですね。正直ゲーム実況するだけのはもう興味湧きそうもないかな。

上に書いたことでわかるように、思想家や宗教家が活用するっていうのが私としては一番見てみたいんですけどね(^-^)


更新履歴

  • A.D.2019/01/16 本文修正