備忘録 「旭町香取神社と大鳥神社」

どうも、疲労困憊な夜空ルナです(^-^)/

今回のアイキャッチは香取神社の拝殿(手前)と大鳥神社の拝殿(奥)です(^^)

今日は柏駅から徒歩で5分かからない程度のところにある旭町香取神社に行ってきたのでそれについてまとめと感想。


鳥居は香取神社と大鳥神社共通です。街中にぽつんとある神社にしてはとても大きい鳥居です。

香取神社の方の拝殿と由緒。祭神は経津主神ふつぬしのかみ

大鳥神社の拝殿と由緒。祭神は日本武尊やまとたけるのみこと

手水舎は完全にもう使われてない感じですね……。写真1枚目の後ろの木は御神木の椎の木。

境内にはシイ以外にもイチョウやツバキの仲間(?)やヤナギの仲間(?)などなど違った特徴を持つ木が生えており、種々に富んでいていいですね。秋はどんぐりやら銀杏やらで境内の掃除が大変そう(小並感)。

恵比寿天
誰がどう見ても後付けの恵比寿天。まぁ、伊邪那岐命の子だし神社にいることはいいのだけれども……。無理して市内に七福神巡りを作ろうとするのは如何なものか……。

裏手の方の参道。こちらはイチョウの本数が多く綺麗に黄色に染まっていました。
写真2枚目の碑は生で見ても文字が全然読めない状態でした……。

香取神社

神社裏手。外側から見てもイチョウが綺麗。種子の臭いさえキツくなければカエデよりも好きかもしれない。そういえば、身近な存在なので忘れがちですがイチョウはIUCNの絶滅危惧(EN)認定されてますよね……。


☆感想

以前に一度見かけた時からいずれは来よう来ようと思っていたので謎の達成感があります。

境内は街中にある類の神社では広い部類で、木も綺麗だし人がいなくて閑静だしで居心地が良かったです。

今まで行った香取神社がどこも雰囲気がよかったので、総本社である香取神宮に行ってみたいですね。千葉県に住んでいる者としても行かなければ(使命感)。

大鳥神社の方では毎年11月に「酉の市」が行われているようです。先月ぅ……。来年覚えていたら……。

また、大鳥神社の方の由緒で「焼津」や「草薙」などの懐かしい地名を久しぶりに聞いたので、其処ら辺の地域について暇なときに調べようかな、と。暇なときが当分来ないのですがね……。


更新履歴

  • A.D.2019/01/15 本文修正・一部削除/タグ追加